図書館司書に適正はある?

図書館司書になりたいという方はとても多いのですが、実際に資格を取得しても、採用試験に通る事が出来ない方はとても多くおられます。

 

図書館司書の適正を知ることによって、採用に近づける可能性も大いにありますので、見ていきましょう。

 

図書館司書の適正とは

図書館司書という仕事は、一般的には公立図書館などに勤務し、図書に関する様々な業務を担う仕事です。

 

その中には、来館された方への対応や、探されている図書の案内といったようなものも含まれます。

 

では、適正はどのようなものなのか、ご紹介していきます。

 

本が好きということ

図書館司書は、毎日数多くの図書を取り扱っていきます。

 

そのため、本が好きという事は大前提として挙げられることです。

 

本と一言で言っても、様々なジャンルが存在します。

 

その多くのジャンルの中で、どれか一つだけが好きだなると、多くのジャンルを扱う図書館では少し問題があります。

 

ですが、あるジャンルに特化したイベントスペースを設けるようなことがあった場合には、そのジャンルにおいて他の図書館職員よりも活躍することができるでしょう。

 

地道な仕事もこなせること

図書館司書は、カウンターに座りコツコツと地道な作業を行うことも多くなります。

 

古くなった本の修繕や、貸し出し、返却業務など、このような作業はとても地道で細かいことも含まれます。

 

そのような仕事でも、いやな顔をせずに、図書館を利用する方のためにと地道にこなすことが出来るかどうかはとても大切です。

 

古くなってボロボロになった本を手に取るのは、あまり良い気分ではありません。

 

利用される方をそのような気分にさせないためにも、地道な仕事でもコツコツと正確に行っていく必要があります。

 

コミュニケーション能力があること

図書館に来られる方の中には、「○○の本を探している」というような方が多くおられます。

 

その際には、図書館司書が積極的に案内したり、おすすめの本を紹介、提案したりする必要があります。

 

コミュニケーション能力は必須とも言えるものであり、図書館司書として気持ちよく図書館を利用してもらえるようにしなくてはなりません。

 

愛想がよく、質問したことにも嫌な顔をせずに答えてもらえた際には、また利用したいと感じることでしょう。

 

このような事から、図書館司書は、図書館の顔でもあると言えます。