図書館司書になるには?

図書館のような落ち着いた雰囲気が好きという方は多くおられます。そんな図書館で働く図書館司書になるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

ここでは、図書館司書になるための方法について、ご紹介していこうと思います。

 

図書館司書になるには

図書館司書となるには、司書資格が必要となるのですが、実はこれは必須ではありません。

 

ただ、就職の際に図書館司書資格を条件としているところは多く、働き始めてからも、自分の専門性を高めたいという気持ちになることは大いに考えられます。

 

専門性を高めるということは、その分自分の仕事に自信が持てるようになり、仕事の幅も広がっていくという事です。

 

仕事の幅が広がり、自分の仕事に自信が持てるようになれば、利用者の方への対応や提案の仕方が変わってきます。そのことで、よりよい図書館サービスを提供することが可能となります。

 

就職をスムーズに進め、自分の仕事に高い専門性を持たせるためにも、図書館司書資格は取得しておいたほうがいいとも言えます。

 

そんな図書館司書資格を取得するためには、以下のような方法があります。

 

・司書養成課程のある大学や短大に通い、指定の科目を履修、単位を修得する
・大学や短大を卒業後、司書講習を受講する
・司書補講習を受講し、司書補の資格を取得後、実務経験3年以上を積み、司書講習を受講する

 

これらの方法で資格を取得することが可能となっています。

 

3つ目にご紹介した司書補から司書になる方法では、中卒・高卒という方であっても、司書を目指すことが可能です。

 

図書館司書を取得することによって、公共図書館などに勤務することが可能となりますが、求人情報を見る限りでは正社員というのは難しいのが現状です。

 

パートやアルバイトといったような働き方を選ぶことが出来ますので、ある程度自由のきく働き方が出来るということが言えます。

 

派遣などでの採用も多く見られるのですが、多くの場合で司書資格が必要条件となっています。

 

学歴などに関係なく取得しやすい資格となっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。