図書館司書資格の難易度はどれくらい?

図書館司書の資格を取得する難易度はどのくらいなのでしょうか。あまりに難しい難易度である場合には、やる気を削がれてしまうという事もありますし、自分のモチベーションに繋がる大事な部分でもあります。

 

ここでは、図書館司書の資格を取得する難易度について、見ていきたいと思います。

 

ルートで見る難易度

図書館司書になるためには、ルートが3つあります。

 

1.司書養成課程のある大学・短大にて指定科目を履修、単位を修得して資格を取得
2.大学・短大を卒業後、司書講習を受講し、資格を取得
3.司書補として3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講して資格を取得

 

まずは、これらのルート別に難易度を見てみましょう。

 

1のルートでは、指定の科目を履修して単位を修得するだけで良いという事になります。ですが、通常の履修科目に加えて司書科目を履修していくことになりますので、少し辛くなります。

 

2のルートでは、司書講習を受講するだけで良いという事になります。3のルートでは、司書補として実務経験を積んだ後で、司書講習を受講するだけで良いという事になります。

 

このようにしてみてみると、それぞれのルートは全て、難易度はあまり高くないように感じます。

 

ですが、”司書講習を受講するだけ”という表現の中には、レポート提出や、それぞれの科目試験も含まれているのです。

 

レポートや試験があるの?!

ただ単に、司書講習を受講すれば資格が取得できるというわけではありません。もちろん、単位を修得すれば資格が取得出来るということでもありません。これらには、それぞれの科目にレポート提出や試験というものがあるのです。

 

大学の場合であれば、卒業単位に加えて、司書過程の単位も修得しなくてはなりませんので、人一倍努力が求められる事になります。]

 

司書講習の場合では、それぞれの科目試験などを受けなくてはなりませんので、こちらも理解と努力が必要となります。

 

つまり、どのルートを通る場合でも、レポートや試験といった課題を乗り越えなくてはなりませんので、難易度はそれなりに高めと言えます。

 

とはいえ、一番初めに申し上げました通り、「単位を修得するだけ」「講習のレポートをクリアするだけ」で、取得可能ということにもなりますので、捉え方は人それぞれだということになります。

 

そこまで難しく考えなくとも、しっかりと学習を重ねていれば取得することが可能な資格ということが言えそうです。