日本図書館協会とは?

日本図書館協会(Japan Library Association: JLA)は、「日本文庫協会」を母体に、1908(明治40年)年に創立。前身の「日本文庫協会」は、1892(明治25年)年に創設(創設メンバーの一人には、のちに日本初の巡回文庫や開架制をスタートさせ、日本の近代図書館の父と呼ばれる佐野友三郎がいます。

 

設立主旨は、人びとの読書や情報資料の利用を支援し、文化の進展、および学術の振興に寄与することを目的として、公共図書館、国立国会図書館をはじめ、大学図書館、学校図書館、専門図書館、公民館図書室などの進歩発展を図る事業を行う、というもの。

 

会員数は約7000。公共図書館、大学図書館、短期大学・高等専門学校図書館、学校図書館、専門図書館、図書館学教育の6部会から構成されています。

 

同協会の事業としては、図書館運営の技術に関する調査・研究と資料収集、図書館職員の育成や研修・講習、図書館運営・資料選定に役立つツールの作成と普及、図書館用具の技術開発・標準化と普及、図書館運営に関する相談・助言と政策提言、図書館の進歩を促進するためのPR活動、機関誌の発行、上記の活動を啓もうするための出版活動、国内外の図書館関係団体との連携、など。

 

協会の機関誌『図書館雑誌』は1907年に創刊され、大戦前後を除いて現在まで継続発行されている長寿雑誌。1906年以降、全国の図書館関係者が一堂に会して開催される「全国図書館大会」は、2013年には99回目となりました。

 

1979年には「図書館の自由に関する宣言」を大会で採択、1989年に発表した『公立図書館の任務と目標』は、司書の専門職としての制度化の提案を行っています。

 

最近の具体的な活動としては、2010年「第1回日本図書館協会認定司書事業開始」、2011年「東日本大震災の被災地に図書館サービスを届ける『Help-Toshokan』などを実施。

 

2013年夏、「はだしのゲン」の閲覧制限を決めた島根県松江市の教育委員会に対し、同協会の「図書館の自由委員会」が、要望書を提出、この後、同教育委員会が、謝罪とともに措置を撤回したのは記憶に新しいところです。