短期大学で図書館司書の資格は取得できる?

図書館司書を目指す方にとって、どうやって図書館司書の資格を取得すればいいのか、気になるところだと思います。短期大学で司書資格を取得することが出来るのかどうか、知りたい方もおられるでしょう。

 

そこで、司書資格は短期大学で取得できるのかどうかについて、ご紹介していこうと思います。

 

司書資格を取得するためのルート

図書館司書資格を取得するためには、3つのルートがあります。

 

1.司書養成課程のある大学や短大にて、指定の科目を履修し、単位を修得することによって資格を取得する
2.大学や短大を卒業した後に、司書講習を受講して資格を取得する
3.司書補講習を受講し司書補資格を取得後、司書補として図書館にて3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講して司書資格を取得する

 

これらの3つのルートのうち、現在短期大学に進学することを考えておられる方であれば、全てのルートで取得が可能となります。

 

もし、短期大学を卒業されている方であれば、2か3のルートで取得することが出来ます。

 

短期大学で図書館司書資格を取得する!

上記のように、短期大学に通うことで、図書館司書資格が取得できることはご説明しました。

 

ですが、ただ短期大学に通えばいいという事ではありません。司書養成課程のある短期大学にて、指定された科目を履修して、決められた単位数を修得しなくてはなりません。

 

短期大学の場合には最短2年という期間で取得することが出来ます。ですが、通常の卒業単位を修得することと併せて、司書資格のための単位も修得していくことになりますので、どうしても忙しくなってしまうというのが難点となります。

 

学生生活をのんびり楽しみたいという希望がある方にとっては、少々辛い日々となってしまうかもしれません。短期大学は通学期間が大学とは異なりますので、その分とても忙しくなるという覚悟が必要になります。