近大姫路大学 通信教育課程|図書館司書コースの特徴&評判

近大姫路大学は、兵庫県に拠点がある大学で、通信教育課程には図書館司書の養成課程があります。

 

この図書館司書養成課程、どのような特徴があるのでしょうか。

 

図書館司書コースの特徴

近大姫路大学の通信教育課程 図書館司書養成課程には、以下のような特徴があります。

 

・入学は書類選考のみで試験はない
・年に2回入学の機会がある
・学費は27万円程度
・学生の受け入れ方針は、”図書館司書として地域社会に貢献しようとする意欲のある方”
・実習履修費が別に必要となるものの、実習がある
・最短1年で司書資格取得が目指せる
・最長在学期間は3年

 

など、このような特徴があります。

 

まず、入学は書類選考のみとなっている点から、試験などに向けて対策を行う必要はありません。

 

また、面接もありませんので、完全にどのような書類に仕上げるのかによって、合格が決まると言えます。

 

また、4月と10月、年に2回入学の機会がありますので、チャンスは多くなっています。

 

この入学選考には、1万円が必要です。

 

通常は1年程度での資格取得が可能ですが、もし1年以内に難しい場合には、最長3年まで在学することが出来る様になっています。

 

このような点は、毎日忙しく生活されている社会人の方にも安心のサポートだと言えます。

 

また、スクーリングについては夏期・冬期の集中型となっており、学びやすくなっている点も特徴として挙げられます。

 

図書館司書課程の評判は?

・授業の目的がはっきりとしており分かりやすい
・テキストが分かりやすい
・最長で3年まで在学できるため助かる
・1年で図書館司書の資格が取得できるところが良い

 

など、このような口コミがありました。

 

通信教育で図書館司書の資格が取得できる大学として、名を挙げられるほど有名でもあります。

 

主に通信教育課程に力を入れている大学だという話もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。