図書司書の業務内容とは?

図書館司書の業務は、おおよそ次のとおりとなっています。まず、館内における業内容を紹介していきたいと思います。

図書館司書の仕事

 

1.選書と収集・・・図書館で受け入れる本を選び、集める

 

2.蔵書の分類・目録作詞・整理・配架・保管・・・蔵書を請求記号に沿って配置し、整理と保管を行う

 

3.貸し出し・返却・・・カウンター内で、本の貸出し・返却手続きを行う

 

4.利用指導・・・初めての利用者や慣れない人に対し、図書館の利用方法を知らせる

 

5.読書案内・リクエストサービス・・・利用者へのアドバイスによって本の選択を手助けし、利用者の要求を理解し、利用者の課題と図書を結びつける図書館協力によって予約された本の受け入れや貸出しなど、リクエストサービスを行う

 

6.レファレンスサービス・・・論文やレポート作成のための資料を探す利用者に的確なアドバイスを行い、 参考資料を紹介する

 

7.文化講座やイベントの開催・・・文化講座や読書会、子どものためのブックトークなどを開催する

 

8.視聴覚障害者へのサービス・・・点字本や大きな字の本を位置を知らせたり、案内をする

 

9.広報活動・・・文化講座やイベントなど、図書館が発信するさまざまな社会活動を外にアピールする。地域新聞への取材依頼や、マスコミ対応など

 

10.展示と装飾・・・館内の掲示板に「図書館の自由に関する宣言」を掲示したり、地域で催されるイベントのポスターや、図書館が主催するさまざまな文化講座やイベントの告知をする

 

11.施設・設備の管理・・・パソコンやコピー機、検索機、視聴覚室などの管理を行う

 

館外における業務内容

図書館の棚

次に、館外における業務内容を紹介していきたいと思います。

 

1.教育機関との連携・・・学校が必要としている図書の長期間にわたる貸し出しや、訪問によるブックトークや図書普及活動を行う

 

2.移動図書館活動・・・移動図書館による貸し出し・返却サービスを行う

 

3.地域行事への参加と連携・・・地域に根ざす公立図書館として、イベントへの協力や参加を行う

 

以上が代表的な図書館司書の業務になります。

 

資格を取るならどこがいい?

通信講座検索サービスで複数の学校を比較する

学び1

ブラッシュアップ学び

学び2

詳しい資料ボタン

 

図書館司書の資料を請求してみました♪

学び3

詳しい資料ボタン