図書館司書の求人状況はどう?

図書館司書資格を取得しても、実際に就職出来なくてはせっかくの努力が水の泡になってしまいます。

 

そこで、図書館司書の求人状況はどのようになっているのか、ご紹介していこうと思います。

 

図書館司書の求人は多いの?

図書館司書の求人情報を探してみると、一つのサイトだけで300件近くの求人があります。

 

ネットでの募集を行っていないという図書館も多くありますので、全ての募集を考えてみると、かなりの数の求人があると思われます。

 

また、少数ではありますが司書補としての求人もありましたので、司書資格を取得するべく司書補として実務経験を積みたいという方も、いくつかのサイトなどで求人を探してみることをお勧めします。

 

余談となりますが、効率よく求人を探すのであれば、登録制の転職支援サイトを利用するという手もあります。

 

この場合であれば、条件をつけて求人を探す事も可能となりますし、希望する形での就職にも近づく事が出来ます。登録することが多少面倒と感じることもあるかもしれませんが、一度登録すれば後は快適に求人を探す事ができます。

 

雇用形態はどんな感じ?

図書館司書の求人にて多く見られた雇用形態は、契約社員でした。次いで、派遣社員となっています。正社員としての雇用はかなり少ないような印象を受けました。

 

図書館司書資格を活かした図書館の営業職というものであれば、正社員としての雇用もあるようです。ですがこのようなタイプも稀ですので、あまり期待は出来ません。

 

契約社員と派遣社員が多いというのが現状のようですので、正社員となることを期待するのは少し難しいと思われます。

 

また、求人が出ているところの多くは、大学図書館となっていました。その他、研究機関においての専門図書館での募集や、高校の図書館の募集など、調べてみると様々な場所からの求人が出されています。

 

雇用形態と併せて、自分が働きたい場所で就職できるように、色んなところで探してみてくださいね。