図書館司書の資格は、本当に必要?

図書館司書の資格は、医師や薬剤師のような国家資格でがありますが、必ずしも資格が無ければ図書館で働けないということでもありません。

 

しかし、図書館司書の資格保有者として、図書館で働くということは、れっきとした「図書館の専門家」として、働くという事を意味します。

 

私自身も、大学で図書館司書の資格を取得して、地方公務員の採用試験に合格、夢だった図書館司書として現在働いている訳ですが、同じ公共図書館の司書として、無資格者の方と比べても、仕事に対する責任やモチベーションは大きいと思います。

 

また資格を取得することで、専門知識を身につけることが出来ますから、知識量が増える事によって、仕事に対する不安や迷いも無くなったとも思えます。

 

また、時折出ている図書館司書の求人に関しても、公共図書館や大学図書館の募集条件は、「図書館司書の資格を有する者」と限定されているものがほとんどです。

 

図書館司書は人気の職業

大好きな本に囲まれて図書館で働きたいと考えている人は、日本中にたくさんいる中で、募集が殺到することを恐れて、資格保持者のみに求人を限定している事が大きな理由の一つです。

 

先でも述べたように、図書館司書の仕事は非常の人気があります。例え、法律上、勤務をする上で、資格保持を定めていなくても、本気で図書館で働きたいと考えているのであれば、資格の取得は必須だと言えるでしょう。

 

図書館司書の場合、離職率が他業種と比べ、はるかに少ない訳で、求人が出ていることも稀ですから、求人が出た際に、自信を持って申し込むことができるように万全の対策を取っておくことがベターだと言えるでしょう。

 

図書館司書の資格は、各大学に設置されている通信コースと、年数回のスクーリングのみで単位を習得する事が可能です。

 

現在、他の仕事に就いていて、将来図書館司書になりたいと考えている人は、通信制でも良いので、資格は取得しておいた方が良いでしょう。

 

図書館司書になるためにはもちろん、晴れて就業した後も専門知識を学んだという経験は、必ず役に立つと思います。