図書館司書の給料はどれくらい?

図書館司書の給料というのは、どの程度になると思いますか?

 

静かなところで、しかも大好きな図書館で勤務できるのであれば、給料なんてどうでもいい!という方は少ないと思います。

 

そこで、図書館司書の給料について、少し見ていきたいと思います。

 

図書館司書の給料ってどのくらいになるの?

図書館司書の給料というのは、地域によっても、勤務することになる図書館によっても異なります。

 

また、一番大きな差が出る部分とも言えるのが、雇用形態の問題です。

 

一度求人を見てみると分かるのですが、明らかに正職員での募集というものが少なく、派遣社員や契約社員、パート、アルバイトといったような非正規雇用となるところが多くなっています。

 

正職員として勤務したとしても、給料は18万円?20万円程度となり、あまり高い給料だとは言いがたい部分があります。

 

パートやアルバイトの場合には時給が860円?900円程度となり、派遣社員であれば1,500円程度が相場となっています。

 

ただ、給料というのは、このような雇用形態の他にも、地域やそれぞれの図書館、スキル、資格などで差が出るものです。

 

さらに、公立図書館に勤務するのか、大学などの図書館に勤務するのかという点でも異なります。

 

給料を上げるにはどうすればいいの?

ただ単に図書館司書として勤務するだけではなく、その仕事に一つ何かを加えたような働きをすることによって、給料アップが望めるかもしれません。

 

一つ言えることは、パソコンなどのスキルがあると良いということです。

 

「何故図書館にパソコンなの?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実は図書館司書はパソコンを使用して仕事をすることが多い職なのです。

 

そのため、ある程度パソコンのスキルがあり、他の方が慣れていない作業などをこなせるという場合には、給料が上がる可能性があります。

 

また、斬新なアイディアを出し、図書館を盛り上げていくような働きが出来ると、その図書館に来館される方が増えますので、そのような働きも大切になります。

 

とはいえ、給料が全てではありませんし、たとえ20万円前後の給料であっても、仕事がその分充実していれば問題ないと感じることもあります。

 

自分の夢だった仕事、自分が適していると思う仕事であるならば、給料ばかりに拘らず、仕事を一生懸命こなしていくことで、思わぬところから給料アップのお話がくることもありますよ。