図書館司書資格は独学でも取得できる?

図書館司書の資格を独学で取得したいという方もおられると思います。ですが、資格というだけあって、独学で取得できるのか不安でもあるでしょう。

 

そこで、図書館司書の資格が独学でも取得できるのかどうかについて、ご説明していこうと思います。

 

司書資格取得は独学でも可能?

結論から申し上げますと、図書館司書の資格を独学で取得することは不可能です。まず、図書館司書の資格を取得するためには、3つのルートがあります。

 

1.大学・短大などの司書養成課程において、指定の科目を履修し、単位を修得して資格を取得するルート
2.大学・短大などを卒業した後で、司書講習を受講し、資格を取得するルート
3.司書補講習を受講し、司書補の資格を取得後、図書館にて3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講して資格を取得するルート

 

この3つのルートについて、どのような内容なのかという事を見てみましょう。

 

1のルートの場合には大学や短大に通い、単位を修得する必要があります。
2のルートの場合には、司書講習を受講し、レポートなどを提出していく必要があります。
3のルートの場合には、司書補講習受講から実務経験を積み、司書講習受講といった流れをたどる必要があります。

 

このように、どのルートを通る場合でも、大学や講習などといったところにお世話になることになりますので、独学で図書館司書の資格を取得することは不可能ということになります。

 

なら社会人や主婦はどうすればいいの?

社会人や主婦の方であれば、仕事や家事などの合間に独学で学習し、司書資格を取得したいと考えている方もおられると思います。

 

独学では不可能ですが、仕事や家事などの合間に学習する事が出来る方法として、司書養成課程のある大学の通信教育を受けるという方法があります。

 

こちらの方法であれば、自宅学習が主となりますので、空いた時間に自分のペースで学習していくことが可能となります。それぞれの大学によって、特徴やサポートなどが異なりますので、事前によく調べた上で選ぶことをお勧めします。