最短で図書館司書になるには?

図書館で働く事に憧れるという方の中には、出来るだけ早く図書館司書として勤務したいという方もおられると思います。

 

転職するという方の場合は、特に急いでおられる方も多いでしょう。

 

そこで、最短で図書館司書になるにはどうすればいいのかについて、ご説明していきます。

 

図書館司書の資格取得方法について

最短の方法をご説明する前に、まずは図書館司書の資格取得方法を見ていきたいと思います。

 

図書館司書の資格を取得するには、以下の3つの方法があります。

 

1.司書養成課程のある大学や短大にて、指定の科目と単位数を修得する
2.大学や短大を卒業してから、司書講習を受講する
3.司書補講習を受講し、司書補として実務経験を3年以上積んでから、司書講習を受講する

 

この3つの方法のうち、今自分がどのような状態であるのかによって、最短となる方法が異なってきます。

 

最短で図書館司書になるにはどうすればいいの?

今自分がどのような状態なのかによって、最短となる資格取得方法が異なります。

 

まず、今現在社会人である方の場合には、上記の2つ目に挙げた方法である司書講習を受講することによって、資格を取得するというのが最短だと言えます。

 

図書館司書の養成課程がある大学や短大に通っていなくても、最終学歴が短大や大学である場合には、司書講習を受講することは出来ます。

 

そして、今から大学に進学するという方の場合、短大で指定科目と単位を修めるという方法ならば、最短2年程度で取得することが出来ます。

 

最終学歴が高校であるという方は、上記の3つ目の方法の、司書補から司書へと進んでいく方法のみ、可能となっています。

 

そのような点では、図書館司書は学歴に関係なく、広く開かれている資格だと言えます。

 

自分が今どのような状態なのか、また今後どのように生活をしていくのかによって、最短となる方法は異なります。

 

今仕事をしているという方の場合、大学の通信教育などを利用して、司書資格に必要となる単位や科目を修めるというのも、一つの方法です。

 

通信教育であれば、自宅で自分のペースで進めることが出来ますので、忙しい方にもおすすめです。