図書館司書資格の種類はどんなものがある?

図書館司書の資格には、実は種類があるのです。どのような種類があるのか、気になる方もおられるでしょう。

 

ここでは、図書館司書資格の種類について、ご紹介していこうと思います。

 

図書館司書資格の種類

図書館司書の資格には、主に3種類の資格があります。

 

司書

公立図書館などに勤務する(大学・短大にて指定科目を履修、単位を修得して資格を取得するなど様々な方法があります)

 

司書補

公立図書館などに勤務する(司書補講習を受講し、司書補の資格を取得する。3年以上の実務経験があれば、司書講習を受講し、司書資格が取得可能)

 

司書教諭

主に学校図書館などに勤務する(大学にて教員免許を取得し、その上で図書館教諭の資格を取得する)

 

図書館で働きたいということであれば、司書や司書補の資格で事足りるのですが、学校図書館となると少し違ってきます。

 

司書教諭って何?

学校図書館で働きたいという場合には、司書教諭の免許が必要となってきます。というのも、司書教諭とは教員免許を所持している方が図書館司書教諭として配置される場合の資格なのです。

 

簡単に説明するとすれば、学校の図書館や図書室の管理を任されるというような学校の先生のことです。クラスの担任を受け持つことと同時に、図書館司書教諭として役目を果たしていく事になりますので、採用される際にも、図書館司書教諭という形での採用ではありません。

 

司書教諭となるには、まず教員免許が取得できる大学に通わなくてはなりません。そこで教員免許を取得し、それにプラスする形で司書教諭の資格を取得することになります。

 

つまり、図書館司書・司書補と、司書教諭では、資格自体が全く違ってくるという事なのです。

 

とはいえ、学校の図書館・図書室で働きたいという方が、司書教諭の資格ではなく司書資格で働く事も可能です。ただ、あまり期待は持てないというのが現状ですので、その点は理解が必要となります。