図書館司書の心得とは?

図書館司書の心得とはどのようなものでしょうか。

 

文部科学省では、図書館司書に必要とされる知識と能力について、

 

1.図書・資料・情報に関する体系的・基礎的知識
2.利用者(全体・各層)のニーズを把握する知識と能力
3.1と2に基づく資料選定能力(購入資料と書庫入れ・廃棄資料の選定)
4.利用者(個人)の要望に的確に応え、組織としてスムーズな意思疎通ができるためのコミュニケーション能力
5.居心地の良い図書館環境をつくるための接遇の技術・能力
6.各分野・サービスに関する知識(児童・障害者・高齢者・視聴覚・郷土・雑誌等)
7.行政的な知識とマネジメント能力
8.図書館の方針・計画を企画・立案する知識・能力
9.図書館を演出しアピールする知識・能力

 

などと定義づけ、これらに加えて、次の事柄が要求されています。

 

・情報通信機器やデータベースの知識、およびITを活用できること
・時事的なニーズを把握し、資料やサービスに反映させ得る知識と能力
・自治体、および図書館の現状を把握し、他の自治体の事例を学んで生かす知識と能力

 

奉仕のための心得を持つこと

図書館司書は、まず第一に、図書館法で定められた『図書館奉仕』を体現するための心得をもつことが大切です。

 

1.図書館資料に対する豊富な知識を持っている。
2.来館者に対して、常に自分が役に立つことを願い、誠実で分け隔てのない接遇ができる。
3.自分の思いや考えを周りの人に対して正確にアピールできる思考と言語の能力を持つ。
4.来館者に対しても、図書館内部のスタッフ間でも、意思疎通がはかれるコミュニケーション能力を持っている。
5.必要な図書館資料は人によって千差万別であることを理解し、柔軟性を持ってレファレンスにあたることができる。
6.常に知的好奇心を失わず、ITをたくみに活用して情報検索ができ、本や情報の専門的知識を持っている。

 

これらの能力を、時と場合によって上手にアピールし、利用者に奉仕していくことが、図書館司書の心得と言えるのではないでしょうか。