図書館司書資格はどんな事に役立つ?

図書館司書の資格を取得することによって、どのような事に役に立つのでしょうか。

 

ここでは、図書館司書の資格についてどのような点で役に立つのか、ご紹介していこうと思います。

 

図書館司書の資格が役立つ時とは

図書館司書の資格を取得する方というのは、図書館で働きたいという夢がある方がほとんどだと思います。そのような方であれば、就職する際には、図書館の求人に応募することになるでしょう。

 

図書館司書の資格は、この図書館への就職の際に役に立つ事になります。実は、図書館司書については、特に資格が無くとも勤務していくことが可能なのです。

 

ですので、実際に図書館にて勤務している方の中には、司書資格などが無く、無資格という方も多くなっています。ですが、求人の募集要項を見てみると、「図書館司書資格」を条件として挙げているところは多く、就職の際には図書館司書資格を所持している方が有利だと言えます。

 

また、無事図書館に就職した後にも、この司書資格が役に立つ事になります。というのも、司書資格を取得する際には、専門的な内容をとても多く学んでいく事になります。

 

図書館では多くの業務をこなすことになりますが、それぞれに専門的な内容を含んでいるのです。その専門的な業務について、しっかりと知識を身につけておくことによって、基礎から応用までしっかりと対応していくことが可能となります。

 

そして、図書館を利用される方が、「どのような本を探せばいいのか分からない」「どこに目的の本があるのか分からない」というような状態になっている場合でも、図書館司書の資格を取得する際に学んだ内容を駆使し、利用者の方の要望にしっかりと対応していくことが出来ます。

 

主にこのような点で、図書館司書の資格が役に立つことになります。

 

この資格が逆に利用されてしまうことも・・・

図書館司書資格を所持していることで、仕事上様々な恩恵があることは事実ですが、それに伴って、この資格を所持しているという事が利用されてしまうこともあります。

 

図書館という場所は、とても閉鎖的な場所でもあります。その中で、勤務していくことになりますので、人間関係などはかなり複雑となっている場合が多いのです。

 

「あなたは司書資格があるから、この仕事お願いね」というように、司書資格があることをいいことに、多くの仕事を任されることになるという現実もあるのです。自分がしたい仕事どころか、ほかの業務を任されてしまい、思うように仕事が出来ないという事も実際にあります。

 

そのような点があることも、しっかりと理解しておくことが大切になります。