働きながら図書館司書資格を取得するには?

図書館司書を目指す方というのは、とても様々です。

 

中には、働きながら図書館司書の資格を取得しようとしている方もおられると思います。

 

この場合に気になるのが、忙しく働く中でも、図書館司書の資格は取得できるのかどうか、という点です。

 

ここでは、働きながら図書館司書の資格を取得することはできるのかどうかについて、ご説明していきます。

 

働きながら図書館司書の資格を取得するには?

結論から申しますと、働きながら図書館司書の資格を取得することは可能です。

 

ただ、忙しい中での取得となることは覚悟が必要となります。

 

まず、図書館司書の資格を取得する方法について、見ていきましょう。

 

図書館司書の資格を取得するには、以下のような方法があります。

 

◎図書館司書の養成課程がある大学や短大にて、指定の科目と単位数を修めて取得する方法
◎一般の大学や短大を卒業後に、司書講習を受講して取得する方法
◎司書補講習を受けて司書補の資格を取得してから、3年間の実務を経験し、その後司書講習を受講して取得する方法

 

この3つの方法のうち、働きながら図書館司書を取得する方法として現実的であるのは、以下のものです。

 

◎図書館司書の養成課程がある大学や短大にて、指定の科目と単位数を修めて取得する方法
◎一般の大学や短大を卒業後に、司書講習を受講して取得する方法

 

図書館司書の養成課程がある大学や短大には、通信教育がある場合が多くなります。

 

働きながら、大学や短大の通信教育を受け、仕事の合間に勉強するというスタイルであれば、忙しいながらも取得は可能です。

 

司書講習を受ける場合には、一定期間集中して受講する必要がありますので、休暇が取れる職でなくては難しいとも言えます。

 

通信教育を行っている大学の中には、最短半年で図書館司書の資格が取得できるというところもあります。

 

また、スクーリングが不要で、一度も通学せずに単位を修得することが出来る様なシステムを採用しているところもありますので、一度調べてみてくださいね。